ピルについて

当院のピル処方の流れ

1.問診表の記入

ピルを飲んではいけない人に当てはまっていないかどうかをチェックします

2.血圧の測定

3.医師との面談

ピルの効果や副作用についてご説明し服用するピルの種類を選びます

4.検査・内診

希望された方のみ検査を行います
★ピルの処方のために特別な検査は必要ありませんが定期的ながん検診と血液検査をお勧めします
★他の病院の検査結果や健康診断の結果があればご持参下さい

5.服用方法の説明

看護師から服用方法・注意点についてご説明します

6.処方・お会計

院内処方ですのでお会計の際にピルもお渡しします

ピルについて詳しく知りたい

ページの上部へ

ピルとは?

ピルは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という2種類の女性ホルモンが混ざった合成ホルモン剤です。含まれているホルモンの量ができる限り少なく抑えてあるものが「OC=低用量ピル」です。

ピルについて詳しく知りたい

ページの上部へ

ピルの作用

ピルの主な作用は、卵巣をお休みさせて排卵を抑えることです。それ以外にも、子宮内膜を厚くさせない作用や子宮の入り口の粘液を変化させて精子を入りにくくする作用があります。

ピルについて詳しく知りたい

ピルの作用

ページの上部へ

ピルのメリット

ピルには避妊以外にも、次のようなさまざまなメリットがあります。

  • 月経周期が規則正しくなる
  • 月経痛が軽くなる
  • 月経量が減る
  • 貧血の改善
  • ニキビや多毛の改善
  • 卵巣がん・子宮体がんの予防
  • 良性乳房疾患の予防
  • 骨盤内感染症を減らす

これらの効果を期待して月経痛・月経不順・PMS・子宮内膜症などの治療にピルが活用されています。

ピルについて詳しく知りたい

ページの上部へ

ピルのデメリット

主なもの

  • 吐き気
  • 不正出血
  • 乳房の張り
  • 頭痛
  • むくみ、など

これらの症状が出るのは初めの1~2ヶ月で、飲み続けているうちに治まってきます。

血栓症

タバコを吸う人や体重が多すぎる人などは注意が必要ですが、リスクのない健康な女性ならピルを飲んでいない人が血栓症になるリスクとほとんど変わりません。

こんな勘違いしていませんか?

ピルを飲むと太る
低用量ピルはホルモン量が非常に少ないので体重増加はおきません

ホルモン剤は癌になる
低用量ピルによって癌が増えることはありません

ピルは将来不妊になる
避妊効果があるのはピルを飲んでいる間だけです。服用をやめれば1~3ヵ月後には排卵周期に戻ります

ピルは自費なので高い
ピルにかかる費用は月2000~3000円程度です。当院では学割制度を設けていますので学生の方は1ヶ月分1800円です

ピルについて詳しく知りたい

ページの上部へ

ピルの種類

ピルにはいくつか種類があります。治療の目的によって使い分けたり、副作用の出方を見ながら最も合ったピルを探していきます。

ピルについて詳しく知りたい

ピルの種類01ピルの種類04

ピルの種類03ピルの種類02

ページの上部へ